ED(勃起不全)

『いんぽてんつの治し方』 今からでも簡単に実行できる!

2017/09/30

いんぽてんつ 治し方

いんぽてんつにお悩みの方に朗報です。いんぽてんつの治し方として一般的なのは、病院にかかることと思われがちですが、それ以外にも今から、何なら今日からだって簡単にできる治療法があったのです。高額な負担を強いられることもなく、思い立ったらすぐに始められるのは、とても魅力的だと思います。

「そんな簡単にできる、いんぽてんつの治し方があったら苦労しない」と思われるでしょうが、存外そうではないようですよ。

1. 食生活の改善がいんぽてんつの治し方に繋がる

いんぽてんつの治し方に意外と根深い項目が、この食生活の改善です。この食生活を改善することで、いんぽてんつも改善しやすくなるのです。

普段の食生活が、脂っこいものばかり食べていたり、逆にベジタリアンで肉は食べなかったりというような偏り。また朝昼晩の3食のうち、ちゃんと食べられていないものがあるのであれば、それはいんぽてんつの治し方に関わってくる危険信号です。

別に、アレルギーがあるので食べられなかったり、宗教上の理由で食べられなかったり、という点について、それでもまんべんなく食べろ、と言っているわけではないのです。あくまでも、ごく一般的な食生活として、乱れはありませんか、ということを指しています。

一見、いんぽてんつの治し方には何の関係もなさそうですが、食生活はかなりの重要項目と言えます。人間に限らず、食事をする生物は、それによって身体の中で作ることができない栄養素を摂取したり、足りない栄養素を補給したりします。勃起にも、それに必要な栄養素が足りていないのであれば影響があります。つまり、食生活はいんぽてんつの治し方に繋がりがあるのです。

1日3食、栄養バランスを考えてしっかりとした食事をする、というのは、いんぽてんつを改善していく上での第一歩とも言えると思います。身体に栄養が足りていなければ勃起する余力はない、当然の原理です。

2. 睡眠の改善がいんぽてんつの治し方に繋がる

毎日の睡眠時間は何時間取っていますか。この答えは人によって異なるはずですが、人間の睡眠は7時間程度がいいそうです。これも、いんぽてんつの治し方には無関係そうに見えますが、しっかりとこのような時間を毎日の睡眠時間として確保できるようになれば、EDの治療法に繋がってきます。

休日にゆっくり寝て、寝だめをすればいいや、と思って寝だめをしている方もいると思います。しかし、寝だめというのは、まったく意味がないそうです。むしろ、寝すぎて逆に疲労感や無気力感が溜まったり、節々が痛くなったりすることはないですか。寝だめは、いんぽてんつの治し方においても、まったく意味を持たないのです。むしろ、先ほどお話した食生活を乱すことにもなりますので、一定のリズムで起床と睡眠を心がけた方がいいと言えます。

また、7時間程度寝ればいいというものでもなく、いかに良質な睡眠を取れるかも重要な項目です。もし、睡眠時無呼吸症候群を発症しているようならば、そちらを治してからでないと良質な睡眠は得られませんし、自分に合わない枕で寝ていても、良質な睡眠は得られていないと思います。

いんぽてんつの治し方のために睡眠の時間のみならず質までこだわる理由は、睡眠時に出てくるホルモンを得るためです。特に、EDに関係してくる男性ホルモンの分泌が行われるのが、寝ている間というのがポイントなのです。快適な睡眠をしっかりと取れれば、男性ホルモンもしっかりと分泌され、かついんぽてんつの治し方に欠かせない疲れやストレスも、同時に軽減してくれる効果があるのです。

3. 軽い運動でもいんぽてんつの治し方に繋がる

いんぽてんつの治し方を調べていると、運動をした方がいい、なんて単語を見る事があると思います。それは確かに正解なのですが、その運動とはジム通いをするような高負荷の運動でないといけないのか、というとそんなことはないようです。家の中や町内程度でもできるような、軽い運動でも十分だったのです。

運動と言っても、様々あります。自宅から最寄り駅まで歩く、それだけでも運動です。これを、「片道1km毎日自宅から最寄り駅まで歩いて行き帰りしている」人と「片道1km毎日車で送り迎えしてもらっている」人と比べれば、他の生活がまったく同条件でも運動量の差は1日2km歩いているか歩いていないか、という大きな差になります。

たったそれだけの違いが、いんぽてんつの治し方に何か関係あるのかと言うと、関係大アリです。例で挙げた人ならば、無意識のうちに2kmのウォーキングをしているのと同じなのです。

ただ、どうしても最寄り駅まで歩くことのできない距離で、家のすぐ近くにある停留所からバス移動であったり、車で会社まで通勤されていたりする方もいらっしゃるかと思います。そんな方にお勧めなのが、自宅でできるストレッチ運動です。

いんぽてんつの治し方に効果があるとされている簡単なストレッチ運動が、床に座った状態で足を開き前屈をする、いわゆる股割りと呼ばれているものです。やり方自体は簡単で、床に座り足を開きます。この時に、股関節がしっかりと動いているかがポイント。ゆっくり片足ずつでも構いませんので、股関節を意識しながら足を開いていくのが大切です。足を開けたら、身体を軽く前後に動かすだけでも効果があるそうです。

こんな軽い運動でも、いんぽてんつの治し方に繋がってくるのは、血行が良くなるからなのです。そのため、軽い運動であろうと甘く見ないで、実践してみるべきだと思います。

4. 失敗しやすいいんぽてんつの治し方とは

いんぽてんつの治し方に、失敗しやすいものというのは存在するのか。それを問われたならば、「存在します」と答えます、私は。なぜなら、それらの類のものはお金がかかり、かつ効力など未知数だからです。

いい例が、精力増強を謳ったサプリ。あれらは、1ヶ月分で1万円以上するものがほとんどであり、それだけに頼ったとしてもお金だけかかり、まず失敗してしまいます。だって、私が先に紹介したような基本的ないんぽてんつの治し方を実施していない身体で、それが十分な効力を発揮できるわけもないのです。

あくまでサプリは補助用のもの。基礎を作った上で、+αとして利用して初めてまともな効力が得られるのです。それだけに頼って、他の努力は一切しないようならば、いんぽてんつの治し方としては失敗しやすいのが道理だと思います。

また、ただ闇雲に病院に行くだけというのも、いんぽてんつの治し方としては不適切だと思います。確かに、しっかりと医師に診察を受けることも重要なのですが、果たしてその病院はどれほど信頼できる病院ですか。どうせ行くのであれば、EDの治療に力を入れている、専門医が多数いる病院を選ぶべきです。

同じお金を払うのだとして、EDも一応診察していますという病院と、EDの患者さんを多数受け持つために専門医が常駐していますという病院、どちらがいんぽてんつの治し方を上手に教えてくれるのか、ということですね。

おわりに

いかがでしたか。生活習慣を改善してしまえば、いんぽてんつの治し方に繋がりますし、いくらお金を出しても基本となる生活習慣が悪いままなら、せっかくお金を出しても、まともな効果が得られにくいことがわかりました。

まずは、今日からでも始められるような生活習慣の改善に努めないことには、他の手段を使おうとも無駄に終わってしまうケースも多いようです。たかが、と侮っては行けないものだったのですね。


-ED(勃起不全)