バイアグラ

『ばいあぐらが心臓に与えるダメージとは』 知らないと危険?

2017/09/30

ばいあぐら 心臓

EDの治療薬として名高い薬なのですが、ばいあぐらが心臓にダメージを与えるという話は聞いたことがありませんか。果たして、その話は本当なのでしょうか。本当だとしたら、心臓病患者はもちろん、現在心臓に疾病がない方も、簡単には手を出せないとおもいます。

これを最後まで読んでいただいた方は、その話の真偽やそれに至る理由が、しっかりと理解していただけることかと思います。

1. ばいあぐらは心臓に悪いのか

最初に、ばいあぐらが心臓にダメージを与えるのか、心臓に悪いのか、という核心から迫っていきたいと思います。結論から言ってしまうと、現在心臓が健康ならば、影響はあまりないです。逆に、心臓に疾患を持っているのであれば、影響が出やすくなる可能性があります。

まず、心臓に疾患を持っている方のお話をさせてもらうと、ばいあぐらが心臓に直接ダメージを与えるわけではないのですが、ばいあぐらの副作用として、急激な血圧の低下が起こる可能性があるのです。すると、心臓はどうなるか。

血圧が低下するということは、血行が悪くなってしまう、ということです。すると心臓は、当然血圧を通常値に戻そうと、いつも以上に働き出します。心臓に疾患がある方は、そのような状態になってしまうと、余計なダメージを心臓に与えることとなるのですね。

その結果、最悪心不全や狭心症の悪化で亡くなることもあるのです。これが、ばいあぐらが心臓に間接的に与えてしまうダメージ、ということになります。

そして、現在心臓に疾患を持っていない方の場合。この場合にも、ばいあぐらの副作用として、血圧が急激に低下してしまうことは起こり得るため、一時的に狭心症の症状が出たり、血液がドロドロならどこかの血管が詰まってしまったり、ばいあぐらが心臓にダメージを与えなくとも、身体のどこかにダメージが出てしまう可能性はあります。

しかしながら、この「副作用」というのはED治療薬としてのばいあぐらを服用した際に、実際出るか出ないかわからないものであるため、ばいあぐらで心臓にダメージが出ることもある、ということを頭の片隅に置いておく程度で良いと思います。

2. 心臓に疾患があるがばいあぐらを飲みたい

ばいあぐらが心臓に悪い可能性があることはわかりましたが、EDの治療薬として主流、また有名なのは事実です。心臓に疾患があっても、ばいあぐらを飲むことはできるのでしょうか。

結論とすると、たいてい飲めるが、医師との相談が必要不可欠。心臓に疾患があるのであれば、まずはそれを正直に伝えた上で医療機関にかかり、ばいあぐらが心臓に与える影響が、現在抱えている疾患に大きな影響とならないかを確認しないと危ないと言えます。

今は、インターネットで簡単に個人輸入されたばいあぐらを買うことができる時代ですが、心臓だけでなく疾病があるのであれば、まずは医療機関に行って相談するべきなのです。ばいあぐらは心臓だけでなく、身体の別の部分にも影響がある副作用を持っています。健康体であっても、最悪重篤な状態になるケースすらあるのです。

簡単に手に入る、安いから、と安易に手を出す前に、専門家にまず相談しましょう。それから、個人輸入の商品を買うリスクと天秤にかけ、どこからばいあぐらを入手するか決めても、遅くはないと思います。

3. ノーリスクだと聞いたがばいあぐらは心臓に悪いのか

そうですね。医学的にも、ばいあぐらが直接心臓に悪いことはないのですが、ノーリスクということは100%あり得ないのです。

ばいあぐらの良い効能ばかりを説明し、ED患者に対しさも万能薬なイメージを持たせる業者がいるのも事実であるため、ノーリスクだと勘違いされる方もいるようです。しかし、ばいあぐらも薬です。先に紹介したような心臓への負担だけでなく、副作用を持っています。

ばいあぐらが心臓に間接的に与えるダメージ以外にある副作用としても、頭痛やほてりが比較的起こりやすいものとして存在します。他にも、副作用として出てしまう可能性は低いとは言え、筋肉痛や消化不良、記憶力低下といった副作用もあるのです。

このように、ばいあぐらが心臓に与えるダメージ以外にも、ばいあぐら自体に複数の副作用があることが医学的に証明されているため、ノーリスクで服用できるということは絶対にあり得ないのです。

もしも、ばいあぐらのように心臓にダメージも与えず、薬自体に何の副作用もない新薬が開発されれば、EDに悩む方には絶大の人気を誇るでしょうし、ノーベル医学賞でも貰えるような大発明なのではないでしょうか。

4. 通販のばいあぐらの方が心臓に悪いのか

ED治療薬のばいあぐらが、簡単に手に入るのがインターネットのいいところですよね。しかし、そちらの方がばいあぐらとして心臓に負担が大きいのであれば、利用を控えたい、考え直したい、という方もいるのではないでしょうか。

実際、インターネット通販で買えるばいあぐらは、個人輸入されたものであり、医療機関で処方されるものよりも成分量が多いものも存在します。確かに、成分量が多ければ効果は高そうに感じるのですが、それに伴い副作用が出る可能性も上がってしまうのです。

それ以外にも、そのばいあぐらが心臓に直接ダメージが存在するような、粗悪品である可能性すらあるのが、インターネット通販、個人輸入でばいあぐらを購入する時に怖いところなのです。実際、調子が良くないので、購入したばいあぐらのパッケージを持って医療機関を訪れたところ、お医者様に呆れられるような成分表記だった、という話もあるそうです。

一概に、「通販のばいあぐらの方が悪」と言うわけではないのですが、医療機関でもらえるばいあぐらが心臓に間接的なダメージを持つように、同じばいあぐらが手に入るか、それよりも粗悪な品が手に入ってしまうか、という点では負担の量は変わらないか、むしろ負担が増える可能性があるのです。その分、お財布への負担は軽くなります。

おわりに

いかがでしたか。ばいあぐらが心臓にどのようなダメージを与えるのか、与えてしまう可能性を秘めているのか。また、その他のリスクについても分かっていただけたかと思います。

悪い側面ばかりのお話で怖くなってしまったかもしれませんが、用法用量を守れば決して怖くはないEDの治療薬です。自己判断はせずに、まずは医療機関で飲んでも大丈夫なのかを相談してみましょう。


-バイアグラ