ペニス増大

ペニス増大ポンプの効果は本当なのか検証してみた!

2017/09/30

ぺニス増大 ポンプ 効果

ペニス増大をさせるポンプがあるのはご存知ですか。ポンプの効果で、ペニス増大が見込めるというものです。このポンプ構想自体は、100年以上前に発明されたものであり、長い歴史を誇ります。しかし、効果はあるのでしょうか。

これを最後まで読んでいただいた方は、ペニス増大ポンプがもたらす効果や、ペニス増大効果への真偽について、詳しく理解していただけているかと思います。

1. そもそもペニス増大に効果があるポンプって何?

ペニス増大ポンプの効果をお話する前に、そもそもペニス増大が見込めるポンプって何なのか、どんなものなのか、というのをまだご存知でない方にはより詳しく知っておいていただきたいと思います。

このペニス増大に効果があるポンプというのは、様々な種類があります。まず多いのが、ポンプになる筒の部分を「真空」にすることで効果を得るもの。そしてもう一つが、筒の部分に「水圧」を利用することで効果を得るものです。

想像するのが難しいですか。身近にあるようなものでしたら、ペットボトルを想像してみていただきたいです。構造としては、ペニス増大ポンプの効果を再現することができます。もちろん危険ですので、本当には実践しないでくださいね。

ペットボトルの底に小さな空気の吸い出し口を作り、ペットボトルの口の部分からペニスを挿入します。底の部分から器具を使って徐々に空気を吸い出すのが前者の「真空」を作り出すもの。ペットボトルの中に水を溜め、ペニスをペットボトルの口の部分から挿入した際に、底に作った穴から水が吹き出すのが「水圧」を利用したもの、というイメージです。

実際にペニス増大に効果があるとされるポンプも、このペットボトルと構造は似ているものです。が、くどいようですが、危険ですので本当にはペットボトルで実践しないでいただきたいと思います。あくまでも、ポンプのイメージです。

2. ペニス増大ポンプを買えば効果があるのか

先のお話で、ペニス増大ポンプがどのようなものが分かっていただけたかと思います。果たして、ペニス増大の効果はポンプを買えば得られるのでしょうか。結論から言ってしまうと、ポンプの効果は「一時的」なものです。継続的には得られないのです。

なぜ効果が「一時的」にしか得られないのかお分かりいただけますか。その理由は、ペニスの構造にあったのです。

まず、ペニス増大の効果をポンプで得ることを考える前に、勃起する構造を考えると分かりやすいと思います。勃起するためには、ペニスに通常以上の血が送られ、膨らんだ状態になるためです。

その状態を、ペニス増大に効果があるとされるポンプでサポートしてあげても、勃起と同じくあくまで一時的なもの。ポンプをペニスから外してしまえば、効果は起こり得ないのです。つまり、ポンプを使えば「常に」大きくなるというような謳い文句で売っている製品は、例外なく嘘っぱちです。

さらに、ポンプがペニス増大の効果に一時的にしか役立たない理由を医学的観点から考慮しても、効果が一時的なのは明らかなのです。仮に、効果が長続きする、半永久的に効果を得られるのであれば、それは医療機器の手続きを経て売られていると思います。また、医療機器でも推奨される器具であるはずです。

それがなされていないということは、ペニス増大ポンプの効果は、やはり一時的なものに過ぎない、という結論が導き出されるのです。

3. 効果を得たい! ペニス増大ポンプの効果を発揮する方法

ペニス増大ポンプの効果は「一時的なもの」であることは分かっていただけたかと思います。が、それでも「一時的であろうとも効果を得たい」という方に向け、ポンプを利用する時に、効果を十分に発揮する方法をお伝えしておきます。

まず、ペニス増大ポンプの効果を得るために、ご自身のペニスの大きさを測る必要があります。これは、自分に合ったサイズのポンプを購入するためで、勃起時の長さと太さをそれぞれ測り、お目当てのポンプで自分のペニスのサイズに合ったものを購入することが必要です。

このステップを怠ると、ペニス増大ポンプの効果を十分に得られないばかりか、最悪ペニスを痛めてしまう危険性があるのです。これは、公式のサイトを確認された場合にはたいてい書かれていることなのですが、通販サイトですと書かれていない、もしくは書かれていても非常に小さな文字で見落としがちである可能性があります。

ポンプの機能として、ペニスに圧力を加えるものですので、小さすぎると圧力が高くなりすぎうっ血してしまう場合もあれば、大きすぎるもので圧力が足りなすぎて、ほとんど意味のない器具になってしまう可能性もあるためです。

そして、ペニス増大ポンプの効果をより高く得るためには、ポンプの方式で「真空」にするタイプではなく「水圧」を使ったタイプを選んだ方が、使える場所は限られてしまいますが、お風呂で使えば場所としても問題なく、お湯でペニスや身体全体の血流を良くしながら利用できるためお勧めですね。

最後に気をつけていただきたいのは、効果があるペニス増大ポンプの使い方として、勃起状態で利用開始しないことです。圧力を加えても、既に勃起状態だとそれ以上の圧力を加えるのは危険なだけですし、そもそも血の流れを制御しにくいといえるのです。

4. ペニス増大ポンプの効果を単体以上に引き出すもの

単体でポンプを利用しても、何かと一緒にポンプを併用しても、ペニス増大ポンプの効果が一時的であることには変わりがないのです。しかしながら、併用することでポンプの効果を高めるものも存在します。

その代表格が、ペニス増大のサプリ。サプリの効果も千差万別ですが、良いサプリをポンプと併用することで、サプリもペニス増大ポンプも効果を高く得ることができるのです。

どちらか片方だけでも結構な高額なので、併用は無理ですか。そのような方も、やはり多いかと思います。決してポンプも安いものではないですし、劣化しないものでもありませんからね。

そんな方には、効果絶大なペニス増大ポンプと無料からできる、生活習慣の改善をお勧めいたします。食習慣や睡眠時間を規則正しくすることで、例え現在ドロドロの勃起しにくい血でも、生活習慣の改善を継続すれば、サラサラの勃起しやすい血になっていきます。

すると、ペニス増大ポンプの効果も今まで以上に得られ、さらには今まで以上に身体の基礎から健康でいることもできる、一石二鳥のものなのです。これは、ペニス増大ポンプだけでは絶対に得ることができない効果ですね。

おわりに

いかがでしたか。残念ながら、長期的にはペニス増大ポンプに効果はない、という結論になったのですが、まったく効果がない製品ではなく、一時的には原理上効果があるものなのです。

しかしながら、元となるペニスに流れ込む血がドロドロのままだと効果が薄れてしまいますので、効果を十分に得るためには、生活習慣の改善も必要不可欠と言えそうですね。


-ペニス増大