ペニス増大

ペニス増大に役立つ栄養素とは何か?

2017/09/30

ペニス増大 栄養素

ペニス増大に役立つ栄養素と言われて、皆さまはどんなものを思い浮かべますか。滋養強壮に良さそうな高麗人参のようなものでしょうか。もしかしたら、手軽なサプリかもしれないですね。

これを最後まで読んでいただいた方は、実際にはどんな栄養素が必要なのか、どんなものから摂取できるのか、詳しく理解していただけているかと思います。

1. そもそもペニス増大に良い栄養素はあるのか

栄養がどうだと言われても、そもそもペニス増大に良い栄養素がなければ、考えるだけ時間の無駄だと思います。結論から言ってしまうと、ペニス増大に効果を持つものは存在します。これは私の妄想や予測ではなく、栄養学的にごくごく自然なことなのです。

栄養素としてペニス増大に欠かせない物を紹介したサイトは数多くありますが、なぜその食品であるのか、詳しく解説されていることが少ないかと思います。ある栄養素のために特定の食品を提示され「それ以外にはないのか」と懸念される方も多いはずです。

これから紹介する栄養素や、それを含む食品は、栄養素としてペニス増大に欠かせない、またあるとより良いものなのですが、入手難易度や値段も考慮し、普段の食事で食べやすいものをご紹介していこうと思います。

2. ペニス増大に役立つ栄養素【アミノ酸編】

ペニス増大に役立つ栄養素の大きな括りの一つとして、アミノ酸が挙げられます。特に、シトルリンとアルギニンは、両方をバランス良く摂取することにより、体内で一酸化炭素を生み出すサイクルが生まれ、血管が拡張しペニスに流れ込む血が増量。結果として、ペニス増大に繋がる重要なものなのです。

しかし! このペニス増大に繋がる栄養素のシトルリンとアルギニンは、食品からの摂取は、あまり見込めるものではないのです。いかにも、これを食べれば大丈夫、と書いているサイトが多いのですが、実用的ではないのです。

というのも、シトルリンは「スイカ」や「きゅうり」といったウリ科の食品に特に多く含まれてはいるのですが、それでも含有量は少なく、必要量を食品だけでは摂取することが困難です。アルギニンは「ゴマ」や「肉類」などに多く含まれてはいるのですが、シトルリン同様、食品だけではとても摂取が困難です。

栄養素の一つとしてペニス増大に繋がるシトルリンとアルギニンですが、「食品からだけでは、十分な摂取は絶望的」と覚えておいてほしいと思います。シトルリンとアルギニンを摂取するのであれば、卑怯に感じるかもしれませんが、サプリを使った方が効率的です。その他の栄養素を重視して、バランスの良い食卓を作った方が、確実にお得といえます。

季節柄、あまりいい味のものが出回らないスイカを毎日大量に食べますか。きゅうりばかりを大量に食べますか。ハウス栽培をしている農家でもなければ、あり得ないと思います。ペニス増大に繋がる栄養素としてアミノ酸、特にシトルリンとアルギニンを摂取するのであれば、サプリで補うのが一番と言えるのです。

3. ペニス増大に役立つ栄養素【ミネラル編】

栄養素としてペニス増大には、ミネラルも欠かせないのです。中でも、亜鉛は摂取もしやすく、様々な食品で摂取する機会を得ることができます。また、食品の亜鉛含有量も多いものがあるため、普通に食事をするだけでも摂取しやすい栄養素と言えます。

しかし、ペニス増大に良いとされる栄養素で亜鉛を紹介しているサイトですと、「牡蠣」が人気なのです。牡蠣、そんなに頻繁に食べますかね。牡蠣が人気の理由として、100gあたりの亜鉛含有量がトップとも言えるレベルだからです。

ですが、入手の難易度や汎用性、値段も考慮しますと、鶏の卵や牛肉を絶対的にお勧めいたします。卵料理、肉料理、他の食品と合わせながら色々な栄養素を摂りつつペニス増大に役立ってくれるのです。

また、私が牡蠣をお勧めしない理由として、亜鉛の過剰摂取になりがちという点も考慮しています。紹介したものの他にも亜鉛を含む食品はあるのですから、栄養のことをしっかりと学んでいないと、食べても意味などないのです。

ペニス増大に役立つ栄養素の亜鉛ですが、過剰摂取のラインは1日30mg以上。ですが、推奨される摂取量はおよそ8~9mgとかなり剥離しているのです。推奨量を目安にするのであれば、お勧めした鶏の卵や牛肉でも十分すぎる値。

過剰摂取をすると、肌荒れや抜け毛の原因となり、ペニスとはまた別の悩みを抱えることになるはずです。また、進行すると生殖機能にも異常をきたすため、過剰摂取を舐めてかかると痛い目を見ます。

これがいい加減な情報だけしか載せないサイトの怖さ、というものですね。ペニス増大に役立つ栄養素のはずなのに、そのデメリットや危険性を知らないで何でもかんでも摂取するのは、とても危険なことなのです。

4. ペニス増大に役立つ栄養素【ビタミン編】

ペニス増大に一役買う栄養素として最後に紹介したい大きな括りの栄養素が、ビタミン類です。ビタミンと一言で言っても、ビタミンCだのビタミンB1だの、色々聞いたことがあるかと思います。

その中でも、特にビタミンA/B2/B6/C/Eの5種類をビタミンの中ではペニス増大に役立つ栄養素だと思っていただきたいです。これらのビタミンは、鶏の卵やレバーなどの内臓肉類また大豆や青魚にも多く含まれています。

ということは、鶏の卵と牛レバーを上手く使えば、ミネラル編で紹介した亜鉛の摂取も同時に行うことができるということなのです。もちろん、牡蠣にもビタミンはそれなりに含まれてはいるのですが、ほとんどの項目でビタミン類は鶏の卵にすら及びません。

牡蠣はペニス増大に役立つ栄養素を確かに含んではいるのですが、決して万能ではありませんし、安くも手に入れやすくもないのです。食卓は、栄養バランスが大切。いかに入手できる場所が多くお求めやすい価格で買ってその日の食事を作れるか、ということを考えるのも重要な要素の一つなのです。

おわりに

いかがでしたか。ペニスにとても役立つ栄養素を含む食品でも、一歩間違えればペニスのことで悩んだから食べ始めたのに悪化した、ということもあり得ることがわかりました。栄養に無頓着で無責任なサイトの情報ほど、危険なものはないですね。

これを読んでいただいた皆さまは、過剰摂取に気をつけ、普段の食卓で使いやすい食材をチョイスしてみていただきたいと思います。


-ペニス増大