ペニス増大

ペニスのマッサージすることで早漏や遅漏も治るかどうかを検証!

2017/03/26

ペニス マッサージ

よく、ペニスのマッサージすることで、ペニスが大きくなる、短小が治る、早漏や遅漏までも治る。巷ではそんなことが言われているようです。果して、マッサージをするだけで、そんな効果を得られるのでしょうか。

マッサージだけでそのような効果があるのならば、バイアグラなんて治療薬もペニスに効果があるとされるサプリもいらないと思います。本当に効果があるのか、検証してみました。

1. ペニスのマッサージには前提条件があった

やはり、ペニスのマッサージだけで大きくなったり、早漏や遅漏も治ったり、なんてうまい話はなかったみたいです。密接に関係していたのは、生活習慣でした。中でも、『食生活』と『睡眠時間』は特に関係が根深いそうです。

まず、食生活の改善は、ペニスが勃起する上で欠かせない栄養素を、毎日しっかりと摂取できるか、ということなのです。いくらペニスをマッサージしたところで、必要な栄養素が足りないのならば勃起すらままならないかと思います。それでは、いくらマッサージに時間をかけても、時間の無駄になってしまうのです。

食生活を改善するためには、まず1日3食をしっかり食べること。また、偏った食事をせず、バランスの良い栄養摂取を心がけるのが大切なのです。外食ばかり、脂っこいものばかりの生活を続けて、いい食生活であるとは言えないと思います。

そして、ペニスのマッサージをするならもう一つ重要なのが睡眠時間。人間の睡眠は、およそ7時間程度が適切と言われているそうです。睡眠時間が足りないと、どんどん疲れが溜まっていくと思います。そんな状態が身体にいいわけもなく、ペニスをマッサージしたところで効果が現れにくいのです。そんな状態ならば、マッサージをするより先に、睡眠時間を確保した方がいいと思います。

このように、食生活と睡眠時間の改善は、身体への密接な関係があったのです。疎かにしていると、ペニスへも非常に悪影響があると思います。

2. 前提をクリアしたペニスのマッサージには効果がある

前提というのは、先ほどお話させていただいた「食生活」と「睡眠時間」の改善ですね。その条件をクリアした上でペニスをマッサージすることで、得られる効果というものは存在するようです。しかし、生活習慣と同様に、続けていかないのならば効果はなくなってしまいます。取り組むのであれば、短期間で諦めたり、効果が出たらやめてしまったりするのではなく、取り組み続ける努力も必要なのです。

3. 血行が良くなるペニスのマッサージ

勃起の原理としては、ペニスに通常時より血が多く流れ込むことで起つものです。つまり、血行が良くないのは、勃起の大敵。ペニスをマッサージしてあげて、血行を良くしてあげるといいと思います。

でも、ただマッサージして血行を良くすればいいのならば、ここでお話する必要はないです。マッサージするだけなのですから、当然だと思います。ここでご紹介するのは、血行を良くするために「温めながら」するペニスのマッサージです。

冬の時期ならば、こたつの中やヒーターの前でもできるにはできますが、他の時期にはできませんし、何よりも1人じゃないとできないと思います。奥さんや彼女、また子供が見ているような場所でやる勇気はありません、私には。

そこで使うのが、1人にもなりやすく身体も温められるお風呂です。ペニスのマッサージのために血行を良くしよう、とにかく温めよう、とお湯を熱くしてはいけません。マッサージには、それなりの時間がかかるものなのですから、ゆっくり浸かっていられる少しぬる目の温度の方が適していると言えます。

湯船に浸かってペニスをマッサージする具体的な方法は簡単で、根本から亀頭の先まで、ゆっくり丁寧に揉んでマッサージしていくだけです。

ここで注意点。もし、マッサージをしている時に痛みを感じるようならば、マッサージする力が強すぎます。デリケートな部分ですから、優しくマッサージしてあげるのです。優しくマッサージするどころか、触っただけで痛いのであれば、マッサージどころではありませんので中断し、医療機関の診察を受けるようにしましょう。

4. 刺激を与えるペニスのマッサージ

マッサージ自体がペニスに刺激を与えることに繋がるのですが、ここで紹介するのはもっとダイレクトに刺激を与える方法。亀頭への指圧マッサージです。包茎でも使えますので、安心して取り組めると思いますよ。

亀頭を刺激して、ずっと平常心を保っていられますか。私にはそんな自信がありませんので、ちゃんと刺激でイきそうになってしまった時の対処法もお伝えしたいと思います。

まず、イきそうになったのならば、ペニスへのマッサージは中断。お尻の穴を締めるような感覚で、射精しないよう我慢します。もし射精してしまったら、その日のマッサージは終了です。耐えられたのならば続行。10分から30分を目安に1日1セット、少しずつ長い時間耐え続けられるよう続けます。そうすることで、射精のコントロールがしやすくなり、早漏は解決しやすい状態になるのです。

5. 遅漏に効くペニスのマッサージはないのか

遅漏でも効果があるペニスのマッサージはあります。それは既に3と4で紹介したものなのですが、それに加えて精神的な負荷をより軽くしてあげる必要があるのです。

具体的に言うと、よりリラックスして取り組む、ということです。「遅漏だから」と悩みながら取り組んでいたら、それだけでストレスとなり、ペニスへいい影響があるわけがないのです。「これを根気強く続ければ治るんだ」と軽い気持ちで、日課としてお風呂に入るついでにペニスのマッサージをしてあげてもいいと思います。

ペニスがどんな状態であろうと、それがすぐにこれらの方法で解消することは絶対にありませんので、根気強く継続的にしていくことが大切なのです。

おわりに

いかがでしたか。今回紹介したペニスのマッサージは、すべて無料でできるものなのに、それに対する効果はあるという結論に至りました。しかしながら、速効性のある薬ではありませんので、長く継続していただけないと、効果は望めないようです。

生活習慣を見直すことなど、ペニスだけでなく身体にもよく一石二鳥です。お小遣いが厳しいのであれば、ぜひ試していただきたい方法ですね。


-ペニス増大