ED(勃起不全)

EDの治し方に薬を使わない方法が本当にあるのかどうかを分析!

2017/09/23

EDの治療には、「バイアクラ」と呼ばれる薬を使うのが効果的とされています。他にも、似たような効果を持つ「レビトラ」や「シアリス」といった薬もあります。EDの治し方としては最も簡単な方法ですが、薬ですので副作用も存在します。

副作用としては、ほてりや頭痛などが挙げられます。また、常用している薬がある方には特に注意していただきたいのが、使っている薬によってはこれらの治療薬は使えないということです。




1. 薬に頼らないEDの治し方があるのは本当なのか

最も気になる結論から申し上げますと、あります。それも、簡単な方法。でも、「そんな簡単にできるEDの治し方があるのなら、医者も薬もいらない」と思われがちですが、実は結構簡単な方法で改善できるとしたら? もちろん実行したくなりますよね。

2. EDの治し方を知るには勃起の仕組みを知る必要がある

まずは、勃起の仕組みについて学び直してみます。当たり前のことだと思われるかもしれませんが、これはEDの治し方を知る上で、非常に大切なことです。

そもそも、勃起とは。はい、ペニスが起つことです。ペニスが起つには条件があり、精神的に性的興奮状態にある時。そして、ペニスを刺激したことによりよっても起ちます。ただしこれは前提条件。EDの治し方を知る上で、このような基礎知識を知っている必要があるのか、というのはこの先が重要なのです。

性的興奮を得ても、ペニスを刺激しても、勃起しないからEDとして悩むことになります。勃起するためにはこの前提条件の他に、「ペニスに十分に血が流れ込まないといけない」という条件も付いてくるのです。

ただ日常生活を送っているだけでは、健康な若者であっても四六時中ペニスにたくさんの血が流れ込み勃起している、なんてことはありませんよね。性的興奮や物理的な刺激が伴って、勃起しているのです。

EDの治し方に重要なのは、第一に勃起の仕組みについてよく知ることなのです。先ほどはわかりやすく健康な若者を例に出しましたが、高齢者にだってお盛んな方は中にはいらっしゃいますよね。確かに衰えはするのですが、年齢は関係ないのです。勃起するためには、ペニスの毛細血管に十分な血が流れ込まないといけないのですから、血行が悪い方が勃起するのは、大変なことだとわかります。

3. 生活習慣の改善でできるEDの治し方は本当か

運動もしないで家ではゴロゴロ、脂っこい食べ物も大好きでいっぱい食べる、お酒も好きでよくベロベロになって帰ってくる、タバコも1日何箱も吸う、なんて生活を送っているようではいけないようです。

勃起の仕組みについて思い出してみると、血液がドロドロだと勃起に悪影響なのがよくわかります。EDの治し方として、生活習慣を改善するというのは正解です。

血液がサラサラの方が、血行が良くなりますよね。血行が良くなるということは、勃起しやすくなる、ということです。単純なことですが、とても大切なことだと思います。急に運動を始めるのも、食事制限をするのも、いくらEDの治し方として有効だからと言って、一気にできるものではないと思います。逆に、急に運動をしたことで体を壊してしまう可能性もあるので、自分のペースを掴むことが大切なのです。

4. ストレスの解消でできるEDの治し方は本当か

仕事帰りはいつも終電間近、仕事をしていれば上司に小言を言われる、家に帰ってみれば奥様や彼女に文句を言われる。こんな生活を送っているならば、ストレスが溜まっていても無理ありませんよね。

ストレスは万病の元。もちろん、EDにも関わってくることであり、ストレスを解消することというのはEDの治し方として正しい判断です。

ストレスが溜まっていると、脳が常に緊張状態に陥り、安らぐ時間がないのです。するとどうなるか。いくら精神的に興奮状態を作ろうとも、ペニスを刺激しようとも、「勃起させないと」という焦りも生まれ、ますます脳からペニスに血を十分送り込むよう指示が届かなくなってしまうのです。

だからと言って、ストレス解消だとお酒を飲むのはEDの治し方としては逆効果。ストレスを解消した上で、ムード作りや興奮度を高めるために、少量のお酒を飲むのは構いませんが、飲み過ぎはいけませんよね。生活習慣を乱してしまうことになります。

ストレス解消には、ご自身の趣味を実行されるといいと思いますよ。旅行が趣味なら旅行、カメラが好きなら写真撮影、食べ歩きが好きならば食べ過ぎないよう注意しつつ運動も兼ねて食べ歩きなんて素敵ですね。

5. EDの治し方として常用の薬をやめるのはいいのか

ここまで健康面のお話を続けてきましたが、EDの治し方としては絶対に避けるべきです。常用している薬というのは、医師が必要だと判断しているものです。それを勝手にやめるということは、最悪死に繋がります。

例えば、不整脈や高血圧を治療するための薬。これがEDの原因となっていることも確かにあるのです。が、EDの治し方として、勝手に常用の薬をやめるのは絶対に駄目。医師に相談し、ED治療のリスクと天秤にかけて、どちらを取るか判断を仰ぐべきです。

6. EDの治し方としてストレッチがいいのは本当か

本当です。ストレッチをして股関節を動かすことで、EDの治し方に効果的な動きをすることができるんです。どうしてストレッチ、しかも股関節って。いくらEDの治し方だからって直接すぎやしないか、と思われるかもしれませんが、そんなことはないのです。

勃起の仕組みを思い出せば、その疑問は解決します。そう、ペニスに血を十分に送り込まれることで勃起するわけですから、股関節をほぐしてあげるだけで温まり、血行が良くなるのです。そうすることで、ペニスの毛細血管に血が流れ込みやすくなるのですから、ストレッチ、特に股関節周りをストレッチするのはEDの治し方として正解といえます。

おわりに

EDにお悩みの方には、生活習慣の改善、ストレスの解消、そしてストレッチをするといいということがわかります。そして、常用している薬があるならば、勝手にやめない。人それぞれEDの治し方は異なりますが、運動不足なら運動を少しずつ増やす、ストレス過多ならストレス解消できる方法を見つけることが重要ですね。それに加えて、股関節のストレッチを取り入れると、より一層EDに効いてくると思います。


-ED(勃起不全)