ED(勃起不全)

EDに効く運動として役立つ簡単エクササイズとは!?

2017/09/23

EDに効く運動

EDに効く運動として、筋トレやエクササイズによる筋肉量の増加がED(勃起不全)の改善や予防に役立つと言われていますが、では、実際にどこの筋肉を鍛えることが効果的なのでしょうか?

もし簡単なエクササイズをするだけでEDが改善されるのであれば、もう願ったり叶ったりですよね?

今回は、EDの改善に役立つと言われる簡単エクササイズを3つ紹介しますので、是非参考にしてみてください。




1. 勃起の持続力を高める「PC筋」とは?

EDに効く運動として、「PC筋」を鍛えると勃起の持続力を高めることができるようなんです。
そして、早漏の改善や中折れまでも防ぐことができるというお話も。

さて、「PC筋」とは何ぞや?とお思いになられる方も多いかと思いますが、「PC筋」とは恥骨尾骨筋のことで、恥骨と尾骨をつないでいる筋肉をさします。
この「PC筋」を効果的に鍛える方法は、肛門を「5秒間締める」「5秒間緩める」をただ繰り返すだけなんだそうです。

「えっ!たったそれだけ?」とお思いになられるかもしれませんが、やることは本当にそれだけなんです。
効果的なのは、肛門を「5秒間締める」「5秒間緩める」を10回繰り返すこと。
これを、朝、昼、夕方、就寝前など、時間の間隔を空けて1日のうち4回程度行うことなんだそうです。

早い人だと、このEDに効く運動を開始して2~3週間で効果が実感できる人もいるそうです。
また、男性器のつけ根から肛門までの部分に力を込めるのも効果的と言われています。
小便や大便をグッと我慢しているイメージでしょうか。
あくまで、おしりに力を入れるということではなく、肛門と尿道の穴に力を込めるような感じですね。

2. 「肺」を大きく広げて勃起時の固さも角度もアップ

「肺」は男性器に直結している内臓なんだそうです。ご存知でしたか?
両手を思い切り横に広げてみて大きく息を吸ってみると、空気が「肺」に入って大きく広がりますよね?
こんな簡単なEDに効く運動を毎日繰り返すことで、勃起時の角度や固さがアップすると言われているんです。

肩甲骨を引き寄せるように両手を水平に開いて、手を広げる時に「フーッ」と息を吐くと、もっと効果的なんだそうですよ。
この動作を毎日時間が空いてる時に10回繰り返してみてください。
「肺」は男性器と直結しているので、「肺」が元気になればなるほど性欲もより旺盛になります。
「肺」が今より元気になれば勃起時の固さも角度もアップしていくことでしょう。

3. EDに効く運動として「ふくらはぎ」も勃起力に効果あり

第二の心臓と言われる「ふくらはぎ」。
この「ふくらはぎ」をマッサージすることで全身の血流をよくして、男性器に血液を集まりやすくすることで、勃起力が高まると言われてます。

そこで、更なる勃起力を高めるために効果的と言われるのが「ふくらはぎ」トレーニング法です。
このEDに効く運動はすごく簡単なのでご説明します。

まず、片足立ちをします。壁などに手つければバランスが取れると思います。
そして、つま先を床から離さないように、かかとだけ床から浮かし、30秒間、できれば1分間、上下に体を持ち上げてください。

ここで大事なのは、小さくこまごまと上下に動かすことではなく、「ふくらはぎ」の筋肉を大きく動かすことです。
また、壁につけている手ですが、壁に寄りかかったり腕に力を入れてしまうと、「ふくらはぎ」への筋トレ効果が半減してしまいますので、ご注意ください。

こんな簡単なEDに効く運動で勃起力が高まれば、言うことなしですね。

4. EDに効く運動としてヨガを取り入れてみては?

アメリカではEDの治療の一環としてヨガを取れ入れている所も多いようです。ポーズとして有名なのが、初心者にはちょっと難しいかもしれないのですが、Kandasanaカンダーサナというものがあります。これは骨盤内の血行を良くするもので効果的ではあるのですが、バランスをとるのが非常に難しく、初心者の方にとっては根気強く練習を続けないとなかなか難しいポーズだと思います。

ただ、KandasanaカンダーサナまでいかなくてもEDに効く運動から始めるのもよいと思います。簡単なヨガのポーズをいくつかご紹介します。

・立った前屈のようなイメージなのですが、まず、膝を軽く曲げます。そして、鼻から息を吸ったり吐いたりしながら、股関節から前屈をします。

・お風呂上がりにポーズをとることも効果的です。背中はまるめずに座って前屈します。体を倒すときに鼻から息を吐くのがいいかと思います。

・バタフライのようなポーズなのですが、まず座りまして背筋を伸ばします。膝が曲げていただいて、床の上でかかととかかとを合わせます。そのまま股関節から軽く前屈するのですが、その際、鼻で深い呼吸をしながら、背中を伸ばしたまま、息を吐いてください。

初心者の方でもできるEDに効く運動なのですが、3番目のバタフライのようなポーズが一番おすすめかもしれません。とは言いましても、股関節が硬い方も多くいらっしゃるかと思います。スタートする前に足首を充分回してから始めますと股関節が開きやすくなりますので、最初は無理せず、ゆっくり試していきましょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか?
どれもご自宅で気軽に無理なくできるEDに効く運動ばかりだったかと思います。

大事なのは無理なく続けられること。ちょっとしたことでも、三日坊主ではなくやり続けることがEDの改善につながる道だと思いますので、是非、今回紹介したことを参考にしてみてはいかがでしょうか。


-ED(勃起不全)