ED(勃起不全)

EDの意味について調べてみました!もしEDになってしまったら?

2017/09/30

EDの意味

ED(勃起不全)と聞くと、「もう男として終わり」、「人生の楽しみのひとつが終わった」などとネガティブな印象を持ってしまうのではないでしょうか。

安心してください、決してそんなことはないのです。気持ちがある限り、まだまだヤレます。解決策があるので決して考えすぎないようこのコラムで自信を取り戻してください。今回は、「EDの意味」について調べてみました。

1. EDなんて怖くない!

「勃たなくなったらどうしよう」と漠然と考えたことは、男ならだれでもあるはず。ED(勃起不全)は、ストレスや加齢によって発症するものなのです。男としては、どうしても恥ずかしく友人にも相談しづらい病気ではありますね。なので、友達も抱えている悩みであるはず。語られることが少ないだけに、得られる情報も少ないだけにすぎません。

EDの薬も開発されていますから安心してください。ここではEDの意味をしっかりと知り、EDになっていない人はその時に備え、またEDではないかな、と悩んでいる人は、正しいEDの意味を知ることで前向きに生きる自信を回復させましょう。

2. そもそもEDとは? EDの意味を知ろう!

ED(勃起不全)とは、英語のErectile Dysfunctionの略で、「勃起機能の低下」を意味する言葉です。医学的には「性交時に十分な勃起が得られないため、あるいは十分な勃起が維持できないため、満足な性交が行えない状態」と定義されています。「勃起そのものが起こらない」、「あまり硬くならない」、「勃起している状態を維持できない」といった症状など、EDの症状にもさまざまあります。

これら性交が満足に行えない状態があると、EDと定義されます。まずは、EDの意味を正しく知って、漠然とした恐怖心は持たないことが大切。このような不安を持つこともEDの原因のひとつとなり、さらに症状を悪化させてしまうでしょうから。それではEDの意味について、もっと理解を深めていきましょう。

3. EDはどんな時に起こってしまう?

勃起は、性的刺激が陰茎に伝わると、陰茎海綿体の動脈が大きく拡がり血液が流れ込み、結果として大きく、硬くなることは皆さんもご存知かと思います。では、どんな時、どんなことをしているとそのような症状になるのか。それを知り、日々の生活に気を付けながら送る必要があります。

①ストレスなど心理的な要因による場合
②加齢による神経や血管に障害がある場合
③糖尿病など生活習慣病による場合
④脳外傷など神経系の障害による場合
⑤膀胱ガンなどの摘出手術で周辺の血管が損傷した場合
⑥その他、泌尿器科系の疾患の場合 などその原因はさまざまなようです。EDの意味が少し分かってきたような気がしますね。

4. EDになったらもう終わりなの?

このコラムを読んでおられる方の多くは、「①ストレスなど心理的な要因による場合」「②加齢による神経や血管に障害がある場合」かもしれません。すぐに病院に行かなければならないほどの何か大きな病気にかかっているわけではないですから。

仕事によるストレス、これはよくあるかも知れません。時には女性に厳しいことを言われ、ある特定の女性やそのような振る舞いをする女性に対するストレスもありますよね。この場合は、そのストレスを排除または軽減することが出来れば、徐々に回復し元通りに勃起するようになります。EDの意味を知れば、そんなに恐れることではないことがわかります。

5. EDになっても自信を持って!

ある女性から「お付き合いしている彼氏がEDで、バイアグラを飲んで頑張ってくれるんだけど…」と、相談を受けたことがあります。もちろん、したい時、女性から求められた時に、硬くて大きくなった陰茎になることは男の自信でもありますからね。

でもそんな時ばかりではなく、体調が悪くて硬くならない時だってありますよね。女性ももちろん満足を求めるので、いつも硬い方がいい。でも理解もしてくれるはず。正直に症状を話して、その原因を一緒に解決していくことで、精神的な結びつきも深くなるというものです。EDの意味に迫ることができましたね。

6. EDは専門医に相談しよう!

もしEDになってしまっても、薬で治療することが出来ます。先にも出てきた「バイアグラ」は、多くの人が知っていますね。それ以外にも、「レビトラ」、「シリアス」が知られています。飲用してしから即効性の高いタイプ、ゆっくりと効き目のあるタイプ、勃起の持続性が長いタイプがあります。突然の展開で、ベッドへというようなことがあっても、それに対応できる薬があることは、男にとって嬉しいですね。薬それぞれに特徴がありますので、医師に相談してみましょう。

ネットでは、模造品、偽造品も出回っているようですが、自分の身体のこと。医師に相談をして、少し高めでも医師の処方する薬を正しく服用することで、正しく自分の身体に向き合っていきましょう。EDの意味がわかりましたね。

おわりに

仕事による精神的なストレスによりEDになった症例を聞きましたが、この症例では、医師に相談をし、薬を処方してもらい、数年間、必要な時に飲用することで性交も可能だった、とのこと。EDは一時的なものかもしれないと思うと気持ちが楽になりますね。

また最近では、ローリング・ストーンズのミック・ジャガー氏に8人目の子供が誕生し73歳でパパとなった、というニュースがありました。ストレスを減らし、大らかに楽しい充実した生き方をすれば、頑張れる人生を送れることを示してくれています。

とはいえ、脳卒中などで腹上死といったこともありますので(ニュースにはなりませんが)、頑張りすぎには、ご注意を。


-ED(勃起不全)